かみなぎ42(終)

 ひしめくように露店をかまえて、地べたのうえに品物をならべた物売りたちや、通りを行き交う、身につけた着物の色もあざやかなひとびと。  市庭のさかえは、目を瞠るものがある。真由はひとの流れに押し出され、ときには押し返しながら、何かをさがしているのだった。ときおり爪先だちをして、ずっと向こうの方を眺め見ようとするけれど、こんなにも混雑した…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

かみなぎ41

 建御雷が振るう剣は、すさまじいまでの風のうなりをともなって、巫女王の昼の御座の屋根を吹き払った。吹き飛ばされたのは屋根ばかりではない。八千穂は水鳥の羽のように我が身が浮き上がるのを感じた。そう思うまでもなく、つぎの瞬間にはしたたか床に叩きつけられていた。 うめきながらも体を起こすと、なにか頬につめたいものがぶつかるのがわかり、見上げて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かみなぎ40

 捕虜となった人々のかわりに、高天原の軍に投降した真由は、王坐に引っ立てられていった。手も足も自由なままなのは、真由に逃げる意志がないと思われたためだろう。  じっさい、真由は逃げる気はなかった。あきらめているのではない。真由はこころのどこかで、国つ者たちの軍が高天原に踏み込み、すべてを壊してしまうことを恐れていたのかもしれなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かみなぎ39

筑紫で軍をあげた将軍、葦生と合流をするため、明日香姫のひきいる大軍は生駒山のふもとへ軍をすすめた。この頃になると高天原は混乱をきわめ、流行病に加えて纏向が戦場になることを恐れた人々が、我先にと高天原を捨てて、木伊や河内に逃れていった。  天照が死んだという事実を、王坐は隠し抜こうとしていたが、昼の御座にも姿を見せなくなった大巫女王…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かみなぎ38

 荒潟の湊を落とすのは、とかげの尻尾をちょん切るよりも、よほど簡単だった。湊の監督やその直属の水夫らは、まさに尻尾を切られたとかげのようにすばしこく逃げ去り、軍への抵抗すらなかったのである。  海路の確保をすると、出手母からすみやかに武器が運ばれてくるようになった。しろがねの剣に槍先、矢尻。舟に山と積まれたそれらは、数のうえでは高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かみなぎ37

 高天原から武佐師まで、季節をひとつまたぐほどの距離をはなれてしまうと、高天原が何をしようと、高天原でなにがおころうと、ひとびとは関心を持ちようもなかった。  高天原びとが国といえば高天原だけをさし、武佐師びとが国と言えば武佐師のことをさす、そういうことである。  けれどここ何年かは、そんなのんきなことも言ってはいられなくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かみなぎ36

八千穂は真由をさがして、ほうぼうを飛んだ。しかし気高の里にも呼月の神社にも真由の姿はなく、八千穂は滅びのまざまざしさ、いまだ里内にくすぶる煙の臭いを、いやというほど鼻に吸い込むばかりだった。  高天原の軍はとうに立ち去ったにちがいない。軍に踏みしだかれた中で、火を放たれた里長の御館、そして里人たちの竪穴の住居。八千穂にも見覚えのある生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かみなぎ35

 伊住は鼻につく生暖かな血のにおいと、息をするのもままならないくらいに体を圧迫する重みで気がついた。顔がちょうど直土にほおずりしているような格好で、しかもひたいからまぶたにかけて、なにかぬめるもので濡れていた。すぐにはじぶんのおかれた状況がわからないままだったが、こわばった手を動かしてどうにか目元をぬぐった伊住は、あたりの様子に目をむい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かみなぎ34

 巫女王の御座でいつものように目覚めた八千穂は、ちいさな明かり取りの窓からさしこむ朝の日差しが三つ格子の影を落とし、くるぶしから裸の足までをあたためているのをみつけていた。きのうは壁に寄りかかったままうとうとし、そのまま眠り込んでしまったようだ。  天照は食欲もわかないと言うと、二、三日前から運ばれるお膳にも口をつけずにいた。無く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かみなぎ33

 八千穂は気がつくと、ほのぐらい廊下に立っていた。いままで踏み締めていた直土の感触は板敷きのつめたいものに変わり、闇に慣れ切った瞳には、間隔を置いて下げられた鉄燈籠のこぼす、わずかな灯火でさえもまぶしく感じられる。・・・静かな夜は、王坐の奥の奥までも闇色にそめぬいていた。  八千穂は、鼻につく饐えた匂いを深く呼吸することで、じぶん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かみなぎ32

 卯月は真由の背中をすこし強く撫でながら、のたうちまわっていた鳥船がいつのまにか消えているのに気づいた。見れば、杉の古木の合間をよろよろと飛んでゆく鷹が一羽ある。あれが鳥船であろうとは思ったものの、いまの卯月には弓矢もなかった。それに真由に目を潰されてからでは、やすやすと霊力の行使もできまい。 「どこに行っても逃げられない。逃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かみなぎ31

 それから毎日、目の回るような忙しさがつづいた。  男たちは山から何本もの木々を切り出し、先をするどく尖らせたほうを上にして、穴を掘った地面に突き立て固定した。高天原の軍の盾となってくれるはずの柵、そして櫓を、里の前面をかこむようにして築き上げるのだ。  女たちはこんなときにあっても決して活気を失わなかった。むしろ、仕事のお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more